季節と夫婦の距離

今年の酷暑。何とか乗り切った9月半ば、主人が帰って来ました。と言っても遠くに行っていたわけではありません。エアコンをかけないと寝られない主人と、どんなに暑くても扇風機のベビー風しかかけない私は、自然夏は家庭内別居。ようやく朝晩過ごしやすくなった頃、主人が寝室に戻ってきたのです。ああ、秋が来た、と実感した時でした。

それと共に、主人とのコミュニケーション、スキンシップが自ずと増えました。増えた分だけ、二人の関係はいい感じ。別に夏の間、関係がまずかったわけではないけれど、触れ合った分だけ、互いが楽しくなることを改めて実感。共に過ごし、言葉を交わし、スキンシップ、20年以上一緒にいる夫婦でも、やっぱり一日一日の積み重ねが大事だな、と思いました。

と思いきや、今年は秋が短い、との予報通りあっという間に寒くなりました。我が家でも10月にはコタツが出現。
そうなると今度は、遅い夕食後、疲れた主人はコタツに入りそのまま眠ってしまうこと、しばしば。起こすことを何年も前に諦めた私は、先に寝室へ。疲れてるから仕方ないですけどね…。
ま、夏ほどには家庭内別居はないと思います。

色んな意味で、春と秋がいいですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中