ある少女の一言

今回の震災がもたらしたあまりの衝撃に、しばらくはここに書き込む気になどなれませんでした。3月11日以来、泣かない日はありません。

私は被災地から遠い所に住んでいますが、テレビで映し出される信じられない光景を見ては、被災された方達の悲しみや絶望に触れては、涙がこぼれます。また時には奇跡の生還に喜びの涙が、頑張りや思いやりに温かな涙が、自衛隊や消防隊の方々の命がけの闘いに感動の涙が流れます。

先日ラジオで、こんな光景を目撃した、とのお便りが紹介されました。(聴かれた方も多いのでは?)

スーパーのレジに並んでいたある母娘。まだ幼いその娘さんが、「お母さん、うちこんなにティッシュ要らないでしょ。一つあればいいよね。もう一つは棚に戻してくる」と言ってティッシュを元の場所に戻しに向かいました。それを受けてお母さん「あ、そうだね」と答えました。その会話を聞いた他のお客さん達も、抱えていた水やカップ麺を棚に戻し始めたとのこと。

純粋な少女の言葉に、買いだめに走っていた大人達は我に返ったのでした。

こんなちょっとした事、でもすごく感動するエピソードが、今日本の色んな所で聞かれますね!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中