初形式の講座

先日、一日セミナーとでも言うのでしょうか、午前・午後の二コマで『新・良妻賢母のすすめ』を紹介する、という初の試みにチャレンジしました。

これまでは、単発のイントロダクション的講演か、6~8回コースでの講座をやってきましたが、6~7時間でまとめるとなると、イントロダクションとしては長すぎる、個別のテーマを取り上げようと思ったら、2つか3つがせいぜい…。う~ん、どうしよう…

やるしかないので、最短の6回コースで取り上げられているテーマ(はずせないもの)を中心に準備をして臨みました。

午前中はアクシデント等もあって少し苦労しましたが、午後からはまあ何とか…かな?

お昼休憩等で受講生の方々とお喋りをしたので、お互いリラックスでき、相手の事情も少し分かっていくと、語りやすく聞きやすくなったと思います。

講座の後のお喋り(フリートーキング)が、いいんですよねぇ。ある所では茶話会をしたい、とも言われましたが、双方の時間の都合上実現せず。愚痴のこぼし合いではなく、建設的なお喋りの場、求められていると改めて思いました。

広告

初形式の講座」への3件のフィードバック

  1. はじめまして。
    つい最近「新・良妻賢母のすすめ」を知り、拝読しました。
    拝読して、わくわくしました。まさにこの内容こそ、私が多くの女性が知るべきだと漠然と思っていたことが、具体的に書いてあったからです。そのうえセミナーもなさっているとのこと。どこでいつ開催されているのですか? 東京で開催することはあるのでしょうか? 先生以外の方も講師がいらっしゃるのでしょうか? 講師ライセンスは発行なさってますか?いろいろ質問して申し訳ありませんが、教えていただけると嬉しいです。 

    いいね

    1. ゆみさん、嬉しいお便り有難うございました!
      セミナーは、企画してくださる団体があればどこにでも出かけて行きます。市民グループの文化講座が多いです。
      この本を読んで、ゆみさんと同じように皆に伝えたいと思った方々が日本でも講師になっておられます。日本での講師認定は、日本語版出版社コスモトゥーワンの社長さんが、著者ヘレン・アンデリンさんから生前託されました。関心がおありなら直接お問合せください。
      『講師用ガイドブック』『生徒用ワークブック』も出版されています。どちらもアンデリンさんを中心にアメリカの講師達が作り上げたものを邦訳したものです。

      いいね

  2. さっそくのコメント返し、ありがとうございます。
    では、まずコスモトゥーワンに連絡してみますね。
    「講師用」も「生徒用」も購入し、手元にあります。
    拝見しましたが、こちらも大変、興味深いです。
    ありがとうございました。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中