親子連鎖(その1)

5月15日放送のNHKスペシャル「虐待カウンセリング―作家 柳美里、500日の記録」をようやく視聴しました。

虐待された子供の8割以上が、親になった時、自分の思いに反して我が子を虐待してしまう、ということは以前から聞いていました。「虐待の親子連鎖」です。柳さんは、「親子連鎖を断つ会」を主催する先生にカウンセリングを受けながら、長年連絡を絶っていた両親と向き合い、またその生い立ちを尋ねて、虐待してしまう自分を克服しようと格闘。なかなかずっしり来るものがありました。

連鎖を引き起こす原因は、長い間封印してきた負の感情。それが親になった時子供に向かって暴発していしまう、というのです。

負の感情。

私も少なからず闘ってきました。私個人は比較的恵まれた環境で育ちましたが、それでも人生~十年生きてくれば、様々な人間関係を経験し、負の感情があれこれと残っています。そしてそれが自分にとって決して益をなさないものだともよく分かっています。一部は時が解決してくれますが、中にはなかなか手強いものも…。

『鏡の法則』『ホ・オポノポノ』――色々良い本に出会いました。考え方・気持ちの転換ができれば、負の感情からの解放に繋がりますよね。先週はある方のブログにとても良いアドバイスがありました。

何とかしたいと思っていれば、何とかなる道・きっかけがやって来るように思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中