講座で省いている部分(その1)

6~8回コースでの講座や2日セミナーでは、『新・良妻賢母のすすめ』の全てをカバーすることはできません。(アンデリンさんが組まれたプログラムは本来12講座)省く場合はどの部分を省くか、アンデリンさんの指示に従ってやってきましたが、最近、その省いている部分の大切さを感じることがよくあります。

例えば「家庭の女神」

喜んで、上手に家事をこなすことの大切さ、その為のアドバイスが書かれていますが、料理や掃除に関する情報は巷に溢れていますので、平凡な主婦の私が敢えて取り上げなくても…、と思っていました。(「男女の役割」についてお話しする時に触れますし…)

先日、ある臨床心理士の講演を聞く機会がありました。大学でも10年ほど教鞭を取られた経験をお持ちの先生で、親子・夫婦問題等の家族関係の相談を受けることも多いそうです。

先生は、家族間でコミュニケーションが取れない、子供が引きこもっている等の相談に来る前に、まず次の3つの事をやってほしい、と言われました。

1. 時間の管理。決まった時間に食事を用意する等、規則正しい生活をする。
2. 空間の管理。整理整頓、掃除をして、家を居心地の良い空間にする。
3. 美味しい食事を作る。

この3つがなって、家族の団欒が可能になる。徐々にコミュニケーションも出来るようになる。それでも問題が改善しないなら、自分の所に相談に来てほしい、とのことでした。

アンデリンさんが、一つの章として説かれた「家庭の女神」。やっぱり欠かすことのできない幸福の原則の一つだなぁ、とその重要性を再認識した次第です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中