信じて待つ

この投稿、タイトルは大袈裟ですが、中身は些細な日常です。

今年のGW(“日常”とは言えないかな?)、前半は主人の風邪がスッキリしないので、家でおとなしくしていることにしました。

…のはずが、主人は結局母の畑の手伝いに精を出したり、私がやらねばと思いながら手をつけずにいた事をいつの間にかやってくれたりしました。

今年もやってきたツバメ達。幸運を運んでくれると言うし、鳴き声もこちらを嬉しくさせてくれるのですが、お風呂の換気扇の上に巣を作り、換気扇の窓や下に落し物。対策は、汚れを落とした後、お風呂の窓にビニールか何かでカバーをし、地面にはダンボールを置きます。去年は頑張ってやりました。今年は…^^;  ふと気がつくとお風呂場が昼なのに暗くなっている。窓に外側からカバーが張られているではないですか…!

主人に頼もうとは全く思っていなかったので、ビックリ!!

お父さん、ありがとう~~☆☆☆

後半は、4日と6日にお出かけ。4日は荒れた天気だったので、人はさほど多くないだろうと見込んでいたのですが、考えることは皆同じ! 横殴りの雨の中、長蛇の列です。

こういう時はいつも主人が並んでくれます。私は歩いて2・3分のお土産物屋さんの待合室で、連絡待ち。随分待ちました。あんまり待つので、「まだ~?」とか「あとどれくらい?」とか聞きたくなります。様子が全く分からないし…。

でも、そんなメールしたら催促しているように聞こえかねないでしょ? だから、じっと並んでくれている主人を信じて待つ、と自分に言います。

そんなタイミングで携帯が鳴りました。♪

些細な事だけど、これも『新・良妻賢母のすすめ』を知ったお蔭かな、って思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中