要求を手放したら…

「そんな彼なら捨てちゃえば」というタイトルの映画が少し前にテレビで放送されました。「スターウォーズ」や「インディ・ジョーンズ」にワクワクした私。映画はアクション物が好きで(この点主人と好みが一致)、基本、恋愛映画には関心ありません。が、『新・良妻賢母のすすめ』講師として何か参考になるかな? と一応録画。先日ようやく視聴しました。

三人の女性を軸に、男女の誤解や思い込み等が分かりやすく描かれていました。

一人の女性は恋人と7年同棲。お互い相手だけを思い、何の不満もありません。一点を除いて。

女性は、愛し合っているんだから“結婚”したい。他方、男性は愛さえあれば十分で、結婚という形式に縛られたくない。そういう彼の態度に、本当に自分を愛しているのか信じきれない彼女は、彼と別れます。

色々あって、彼の変わらぬ愛を確信した彼女は、結婚することを彼に求めるのをやめ、再び一緒に暮らし始めます。彼女が要求を手放し、完全に彼に自由を与えると、彼は愛する女性を喜ばせたい、とリングを差し出しプロポーズ。もちろん女性は大感激。

ドラマよ! と言ってしまえばそれまでですが、アンデリンさんのメッセージに通じると思いません?

別の女性は約10年?前に学生結婚。当時相手の男性(夫)は、まだ結婚する心構えができていませんでしたが、彼女に押されて結婚。彼女に合わせてやってきたものの、結局うまく行かず離婚に至ります。

男性の自由、主体的決断てやっぱりとても大切なんですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中