『新・良妻賢母のすすめ』流、夫の迎え方

先回の投稿から3週間以上が経ってしまいました! 忙しかった10月も今日で終わり。下旬には久しぶりの風邪を引き、私には珍しく1週間と長引きました。そんなこんなで、書きたい事もいっぱいあった今月でしたが、そうする余力なく過ぎて行きます。(いつもの事ですが)

さて、3ヶ月前後の赤ちゃんをもったお母さんを訪問するお手伝いを地元でさせていただいていますが、今日も1件行ってきました。今日のお母さんは3児の母。お子さん達の年が離れていて、体調が万全でない中、忙しい毎日を送っておられます。

3人目ともなると、子育ても余裕かと思われますが、色々思い巡らすこともあるようで、様子を話してこられました。旦那様に協力をお願いする時のことについても。

こんな時、『新・良妻賢母のすすめ・生徒用ワークブック』にある「夫の迎え方」が役に立つんですね。

お話を聞いた後、こんなふうに言ったらとても喜んでくださいました。
「旦那様の帰宅時、待ってました、とばかり赤ちゃんを見てもらうようお願いしたら、疲れてる旦那様はいい顔されないでしょ? 帰宅前に少し休んで疲れを取ってから迎えるようにするといいですよ。旦那様もご飯を食べて一服したら、奥さんに手を貸そうかというゆとりが出てきますよ。」

上のお子さん達が赤ちゃんだった時の経験もあったので、納得・納得、でした。「迎え方」の他の内容は、お母さんにもう少しゆとりができてから…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中