自然の道にえこひいきはない。

自然の道にえこひいきはない。それは常に善人の側につく

たまたま目にした言葉です。出典は道教。とても印象に残りましたのでご紹介したくなりました。

先日、久しぶりに地元の本屋さんに、時間を気にせず寄りました。そこで目に留まった本が、

『私の母はビョーキです』

『ツレうつ』タイプの本だったので、タイトルに興味をそそられ手に取りました。平積みにしてありましたので、既に読まれた方も多いかもしれませんね。著者が4歳の時、母親が統合失調症を発症し、想像を絶する苦労をしてきた著者の自伝兼その病気の解説書のような内容です。

母親が自他を傷つけることがないように、幼い頃から包丁を隠す日々。経済的にも困窮しますが、誰にも頼れません。本当によくぞ逃げなかったと思います。

様々な修羅場を経ながらも、母親が幼い自分を抱いて「お前が生まれた時が、母さんは一番幸せだった」と言った時の思い出が拠り所になって、耐えていきます。

生涯母親と二人で生きていくと思っていた彼女の前に、母親ごと受け止めてくれる奇跡のような男性が現れ、結婚。病気と付き合いながらも母娘に幸せが訪れました。

こんな人(男性)がいるんだ、と(いい意味で)驚くと共に、一生懸命生きている人を神様はやっぱりほうっておけないんだな、と妙に納得しました。

この本を読んだ翌日、出合ったのが、上記の言葉です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中