自分で判断しちゃった

失敗談です。(テーマ:導き手)

先週の木曜日、風がすご~く強く吹いていました。お昼過ぎ、友人からの連絡を待っていたところ、サイレンが! 何台もの消防車が近くをけたたましく通り過ぎます。

火事、近そう…と思いながらも、外を見には行かずにいました。すると、主人の母がやってきて、「今、本家から電話があった。~(親戚)が火事だって!」

Oh, my goodness!!!

4棟全焼でした。

奇しくも主人はその日出張。普通なら、帰宅した時伝えるのですが、翌日も出先でハードだろうし、知ったところでどうにもならないので、出張から帰ってから伝えようと思いました。その晩ホテルから連絡があった時、その日一日のねぎらいの言葉だけかけて火事には触れませんでした。

心に負担を加えたくなかったんですね。

翌日のローカル紙には写真入りで火事のニュースが。

金曜の夜遅く、疲れて帰宅した主人に、夕食後知らせました。(土曜日も朝早くから仕事だったので、少し迷いましたが)

さすがにビックリした主人。そして、
「気遣いは嬉しいけど、そういう時はその日のうちに知らせてほしい。何もできなくても、お袋に電話くらいはしてやりたかった」と言いました。(穏やかに)

あ~、そんなふうに思うんだ!

長男だし
責任感強い
母親の力になりたい、何かできる事はしたい

支えようと思っての判断でしたが、まだまだ…ですね~。

でも翌土曜日には、主人の母に「ちゃんと知らせてほしいと、~さん(主人)から言われちゃいました~」なんて、明るく報告する私です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中