「そんなに俺は頼りないかっ」

ぐったりと横になっていた午後の一時。テレビをつけるとドラマの再放送をやっています。「早海さんと呼ばれる日」の最終回、主人公役のイノッチが叫んでいました。

「なんで俺に一言も相談しないで何でもやっちゃうんだよ。そんなに俺は頼りないかっ」

松下奈緒扮する妻に向っての言葉です。最初に放送された時には全く関心なかったドラマですが、この叫びに興味を引かれて見ていました。

人柄も良くて何でもできるしっかり者の奥さんに対して、

「お前を見ていると、自分がダメな男って思うんだ」といった内容の、心の奥底にしまっておいた本音をぶつけるシーンです。

「こんなダメな俺なんかより、もっとお前にふさわしい相手が他にいるんじゃないか」

「男性の3つの欲求」や「プライド」のところで例に挙げたいような場面でしょう?

愛し合っていて、夫や夫の家族の為に一生懸命頑張っていた妻ですが、彼のそんな気持ちに気づかなかったことに落ち込みます。

何と言って仲直りするのかなぁと見ていると、

彼女は、
「私の一番大切な人(夫)のことをそんなふうに言わないで」
と言って、彼の良いところを色々挙げ、
自分にとって、彼が生きる力の源泉であり、なくてはならない人だと訴えて、めでたし・めでたし。

ちなみに、しっかり者の奥さんでも、たまにドジる姿を見ると、「可愛いなぁ」と思う旦那様(イノッチ)でした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中