受け身の人生?

年末年始、子供達が帰省し、幸せな一時を家族揃って過ごしました。楽な事ばかりではありませんが、それぞれに成長してくれています。娘は家事を手伝ってくれたり、(厳)愛溢れるマッサージをしてくれました。息子は姉に就職祝いをプレゼント! 家を発つ前には、数日後に訪れる父親の誕生日用に、各人プレゼントをこっそり私に託していきました。

年末にふと1年を振り返ってみると、色んな事に気づかされた1年でした。そして、遅~いペースではあるけれど、まだ成長させてもらっているなぁ…なんて。

新年になって、今年の目標、とか掲げる人は多いですが、私そういうものはあまり湧いてきません。(バブル世代の方々のパワーには圧倒されるばかりです。)むしろ、今年はどんな年になるかなぁ、どんな出合いがあるかなぁってくらい。若い頃は、自分の課題を持って生活していると、ちゃんとそれに見合った出来事や気づきがあって、その分成長を感じたものでしたが。

私って受け身の姿勢で生きているのかなぁ、と思い、私の人生で最大級の出来事の一つ(今になってみれば、ですが)、『新・良妻賢母のすすめ』出版を考えてみたら、それですら、日本語版を出したいと最初に言ったのは著者のアンデリンさんでした。「キヨコ、あなたが訳したら」とも。(問い合わせの手紙を私があちらの出版社に出したのがきっかけと言えばきっかけですが。)

あまりイニシアティヴを取らない私ですが、訪れる人や事柄を丁寧に受け止めて、振り返れば充実した幸せな1年、そんな年に今年もなりますように。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中