悲しみの中にも…

30数年来の友人の家庭に悲しい出来事がありました。

彼女が東北に嫁いで行ってから会っていませんので、かれこれもう20年以上顔を見ていません。手紙や年賀状、たまの電話くらいのやりとりしかありませんでした。最後に電話で話したのが、東日本大震災直後。声を聞き、無事を確認できて、安心していました。

あれから5年半。

たまたま間接的にその悲しいニュースを知った私は、事情を知る彼女の地元の友人から経緯を教えてもらいました。
そして、周りの人たちが彼女の家族のためにしてくれた事を知り、悲しみの涙と共に、人の温かさに触れた感動の涙が流れました。「本当に有り難うございました」という言葉が何度も出てきました。

相応しい表現か分かりませんが、
人間って、捨てたもんじゃない!

いつも希望の光は射している、……そう感じました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中