シュモーさん

久しぶりに『アンビリーバボー』を見ました。

二つ目のエピソードで取り上げられたのが、アメリカ人のシュモーさん。

存在すら知らなかった人でした。

第2次世界大戦中、アメリカに住む日系人が収容所に追いやられる等の困難にある中、同じ人間じゃないかと、大学での教職を辞して、彼らを物心両面で支援する活動をしました。戦争真っただ中に敵国日本をルーツに持つ日系人を支援したアメリカ人がいたというだけで、ビックリしました。
やっぱりキリスト教精神はスゴイ! とあらためて感嘆しましたが、シュモーさんの活動はそれにとどまりませんでした。

広島への原爆投下で、罪のない民間人が10万人以上犠牲になったことにショックを受けた彼は、焦土となった広島の地に家を建てることを思い立ちました。
周りの冷ややかな反応に屈することなく、募金活動や軍・政府への渉外を続けて、4年後仲間と広島を訪れ、自ら汗を流しながら広島の人のために家を2軒建てました。単に原爆で破壊された家を再建するという目的ではなく、日本人とアメリカ人が共に家を建てる作業を通して、相互理解を深め、同じ人間として平和に生きていきたい、その象徴としての家を建てようとしたのでした。
その後更に10数軒、そして長崎にも、朝鮮戦争で廃墟となった韓国にも、家を建てる活動を続けました。

今は感動の余韻が残っていて、今夜知った事実だけを書いていますが、多くの皆さんにも知ってほしいと思います。

戦後72年、シュモーさんが広島に来て68年経って初めて、そんな生き方を貫いた人がいたことを知った晩でした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中