シュモーさん

久しぶりに『アンビリーバボー』を見ました。

二つ目のエピソードで取り上げられたのが、アメリカ人のシュモーさん。

存在すら知らなかった人でした。

第2次世界大戦中、アメリカに住む日系人が収容所に追いやられる等の困難にある中、同じ人間じゃないかと、大学での教職を辞して、彼らを物心両面で支援する活動をしました。戦争真っただ中に敵国日本をルーツに持つ日系人を支援したアメリカ人がいたというだけで、ビックリしました。
やっぱりキリスト教精神はスゴイ! とあらためて感嘆しましたが、シュモーさんの活動はそれにとどまりませんでした。

広島への原爆投下で、罪のない民間人が10万人以上犠牲になったことにショックを受けた彼は、焦土となった広島の地に家を建てることを思い立ちました。
周りの冷ややかな反応に屈することなく、募金活動や軍・政府への渉外を続けて、4年後仲間と広島を訪れ、自ら汗を流しながら広島の人のために家を2軒建てました。単に原爆で破壊された家を再建するという目的ではなく、日本人とアメリカ人が共に家を建てる作業を通して、相互理解を深め、同じ人間として平和に生きていきたい、その象徴としての家を建てようとしたのでした。
その後更に10数軒、そして長崎にも、朝鮮戦争で廃墟となった韓国にも、家を建てる活動を続けました。

今は感動の余韻が残っていて、今夜知った事実だけを書いていますが、多くの皆さんにも知ってほしいと思います。

戦後72年、シュモーさんが広島に来て68年経って初めて、そんな生き方を貫いた人がいたことを知った晩でした。

クルクルおじさん

先日、NHK『所さん、大変ですよ!』という番組で、「クルクルおじさん」と呼ばれる人達を紹介していました。体操教室に夜8時過ぎ、サラリーマン風のおじさん達がやって来て、マットの上でクルクル回っているので、「クルクルおじさん」。
主に、30~50代の男性たちが、仕事帰りひたすらバック転の練習に励んでいます。教室は大盛況。バック転ができるようになりたい動機は様々で、子供にカッコいいところを見せたい、部下とのコミュニケーション改善のきっかけにしたい、子供の頃できなかったことをできるようになりたい、等々。

ある40代とおぼしき男性は、自営業で妻と母が日中常に一緒にいるため、気分転換を兼ねて…でしたが、できるようになったある晩、妻を電話で呼び出します。「見に来て」。

この方、もう何年も妻に誉めてもらっていない、と言っていました。やって来た奥さんの前で、見事バック転成功。更にバック宙まで成功させます。妻は、夫の思いがけない雄姿に、「お~! すごい!」と拍手。ご主人様は顔をほころばせます。この瞬間の為に、何カ月も夜通ってひたすらバック転の練習をしてきたのです。

セミナーをしていたら間違いなく、「男性の幸福の中心は称賛です」の講義のネタにしていたなぁ、と思いながら見ていました。(笑)

『幸福な人生の秘密』

Eテレの『スーパー・プレゼンテーション』を時々見ます。先日は、『幸福な人生の秘密』というタイトルに惹かれ、視聴しました。講演者は、ハーバード大学成人発達研究所所長ロバート・ウォールディンガーさん。精神科医です。
同研究所では、724人の人生を75年にわたってリサーチし、様々なデータを収集してきました。75年ですから、研究責任者として氏は4代目。この史上最長の研究が出した結論は、幸福な人生の秘訣は、お金でも地位でも名誉でもなく、良い人間関係、身近な人達との人間関係の質、でした。

50代の時人間関係の満足度が高い人ほど、80代になっても健康でした。良好な人間関係は、身体の老化防止のみならず、脳の老化防止にも役立っていました。良好な関係と言う時、表面的に穏やかとは限らず、たとえ多少口論することはあっても、「いざという時頼れる関係」が、家族・友人・地域でどれだけ築けているかが大切だとのことです。

では、良い人間関係を築くコツは、と尋ねられると、氏は「柔軟性」と答えました。他人の(自分とは違う)考えを尊重し受け止めるゆとりを持つこと。人間関係は、時に複雑だったり、面倒だったり、大変だったりします。私達は往々にしてものぐさなので、それを避けようとしがちです。でも避けないで、勉強や仕事に注ぐ努力以上の努力を、そこに注ぐよう意識していくのが幸福につながるのだ、ということですね。

失意の彼にかける言葉 in 『真田丸』

今年のNHK大河ドラマ『真田丸』。堺雅人と三谷幸喜の組み合わせとあれば、自然期待してしまうもの。三谷氏脚本の大河ドラマ『新選組!』では、毎回泣かされていました。^ ^

今頃は毎回録画して、ゆっくりできる時に見るので、先回の分もつい先日視聴しました。主人公が、姉を守れなかった(実は生きていた)自責の念を抱え、帰郷します。「おまえのせいではない」「仕方なかった」と皆慰めますが、本人の苦しみは変わりません。

彼は思いを寄せる、黒木華扮する女性の所に行って、事情を語ります。「何も言わなくていいから、ただ聞いてくれ」と前置きして。
語り終わり、黙っている彼女に「何か言ってもいいぞ(言ってほしい)」と主人公が言うと、「では一言だけ」と彼女。
どんなことを言うのかなぁ…と、見ている私の興味はマックスに!

「あなた様が無事に帰って来てくださって本当に良かった」
「何かあったら、私を守ってくださいね」

おお~‼
見事!

さすが(?)三谷幸喜。

勿論、主人公はニッコリ頷くのでした。

キレる子供たちにどう対処?

録画しておいた5月18日放送のNHK『あさイチ』。テーマは「キレる子供にどう接する?」。先日ようやく視聴しました。とっても興味深い内容だったので、ご紹介しますね。^^

キレやすい子供は、近年かなり増加しているとともに、低年齢化しています。
その要因として挙げられた一つが、子供たちに緩衝帯、精神的・時間的なクッションのようなものがないこと。核家族化、少子化で親の思いが直接集中的に来たり、連日の塾等で息をつく暇がないのです。

また、キレやすい子供の共通点は、自己評価が低いこと。
その為、ちょっとしたことで自分が否定されたと感じ、キレてしまい、様々なトラブルを起こします。小学校で児童間のトラブルが絶えず、その対策として、ある先生はこんな授業を試みました。
まず、生徒に自分の欠点を書き出すよう言います。その後、その欠点を別の生徒が長所として言い換えます。例えば、「心配性」が自分の欠点だと書いた生徒に対して、同じ班の生徒たちが「慎重」とか「優しい」とか言い換えます。その後、一人一人皆の前で、自分が欠点だと思っていたことを発表し、長所に言い換えます。
自分が気にしていたことを公けにし、かつそれが自他双方で肯定される作業を通して、きっと心が楽になり、自己肯定感が高まるんでしょうね。トラブルは激減したそうです。
すご~い! \ ( ^ o ^ ) /

そう言えば、ゆっちがセミナーで、短所を長所に言い換えるカード(かるた?)を紹介していましたね。^^

善は勝つ。(Goodness will prevail.)

先日Eテレ『スーパープレゼンテーション』でハーバード大学教授スティーブン・ピンカーの『実は暴力は(驚くほど)減ってきている』という講演を放送していました。

あなたは、世の中は良くなっていると思いますか、悪くなっていると思いますか?

教授は今の時を、「(恐らく)人類史上最も平和な時」と言っています。

その根拠は、純粋なデータ。歴史的資料や死亡原因の数字を比較して結論付けています。

ではなぜ私たちは、暴力が減っていることを知らないどころか、逆の印象をもっているのでしょうか? 大きくはメディアの発達によります。戦争や犯罪のニュースが世界中から届き、それが繰り返し伝えられる。そして悪い事柄は長く私達の意識に残る。そんなニュースばかり聞いていると、人類の将来に希望を感じるのは難しいですよね?

世界がより平和になってきている要因を彼は色々挙げていましたが、

私がそれを聞いて感じたのは、
一見、力ある者が己の利益の為に権力や財力を使い、正直者が馬鹿を見るように見えても、大局的には人類社会はより善になってきている、善が勝っている、ということでした。それって、とても希望的ですよね?

講演の結びで教授は、「なぜ戦争が起こるのかを考えるだけではなく、なぜ平和があるのかを考えよう」「何が問題かを考えるだけではなく、人類は、正しい事、良い事をしてきたからこそ今の平和があるのだから、それが何かについてしっかり考える必要がある」と言っていました。

もっと、善に焦点を当てよう、ということだと思います。

私達人間は、自分の善性を発揮して生きた方が自分も他者も幸せだ、ということを体験的に学んできたのではないでしょうか?

マッサンとエリーのやりとり

NHK朝ドラ『マッサン』、微笑ましいシーンが多いですね。(個人的には堤真一さん演じる“鴨居の大将”が好きです ^ ^)

今朝の放送でのマッサンとエリーのやりとりが、自分と主人のそれに重なりました。
妊娠したエリーの体を気遣い、階段を降りる時エリーの手を取ってゆっくり降りるマッサン。
大将の申し出に対し、「無理はいかん」と言うマッサンに、「大丈夫、大丈夫」とエリー。

我が家と違う点は、エリーの「大丈夫」が通るところ。

でも、夫の夢を全面的に応援して、夫が弱気になりブレてしまうことがあっても、彼女はブレずに夫を信じて支えぬく姿は、すごいな~って思います。