年末年始

皆様、明けましておめでとうございます。
明日から仕事、という方も多いのではないでしょうか? どんな年末年始を過ごされましたか?

我が家は東京で働く子供たちが28日に帰省し、昨日朝には発ちました。実質4日間、家族4人で幸せな時を共有できました。『スター・ウォーズ』を見に行ったり、遠出をしたり…。それ以外の家にいる時間、私はひたすら料理していたような気がします。

昨年は安静にしていなければならず、主人と子供達で掃除や食事の準備をしてくれた分、今年はおふくろの味復活に頑張りました。^ ^

社会人として働く中、当然其々の悩みがある子供たち。忙しい中、聞けば栄養面では淋しい限りです。せめて手料理が心身の糧になってくれればと、あれも食べさせたい、これも食べさせたい、と思うものの、4日間ではとても足りません。

料理を作りながら、自立して頑張っている子供達に母としてできる事はこれくらいかなぁ、としみじみ感じました。

広告

主人からのプレゼント

『新・良妻賢母のすすめ』をもっと多くの人に知ってほしくて、このブログを始めたのが2009年秋でした。その目的は、翌年春、八馬ゆみ(ゆっち)さんが見つけてくれたことで達成されました(と、思っています ^ ^)。彼女のブログ、カウンセリング、セミナーを通して沢山の女性に知ってもらうことができたのです。

それに甘んじて、私自身のブログ更新は益々亀さんペースになりました。

アナログ人間の私は、そもそもこのブログ、文章を打ち込む以外は、主人に全部やってもらったのです。時々デザインを変えたいと思っても、主人にお願いするしかありません。何年か前、そろそろデザイン変えたいね、と言ったことがありましたが、主人も忙しくなかなか時間がありません。そのうち、まあいいかな、とデザイン変更も考えなくなりました。(私自身が書いていないのですから…^ ^;)

そんな中、11月上旬の大阪セミナーから帰ってみると、なんとブログのデザインが変わっていたのです!(5年ぶり~!)
以前のお願いを主人が覚えてくれていて、留守中作業してくれたのでした。サプライズ・プレゼントにすご~く感激‼  \ ( ^ o ^ ) /

すぐにこの感動を記事に、と思ったのですが、11月以降、すべき事が幾重にも重なって降ってきて、…ズルズル…。
でも、仕事終わるのを待っていたら年を越してしまいそうなので、1ヶ月以上前の感激を、主人への感謝を込めて、ようやく書きました。

お父さん、ありがとう~‼

ようやく始めた嫁の務め

5月くらいに、主人の母からお墓のことを頼まれました。
お墓の水を切らさないようにしてほしい、ということでした。
頼まれるまで知らなかったのです! 義母が2・3日に一度はお墓に行って、仏様用の水や花の水を新しくしていたことを!

体力的に負担になってきたので、バトンタッチしたいとのこと。義母の姑もずっとやっていて、晩年になって義母に引き継いだそうです。

私の故郷では、お墓はお寺の敷地内にあります。お墓とはそういうものだと思っていました。お盆や法事等特別の時だけ、草むしりをし、掃除をして、花を供えるものだと思っていたのです。

主人の故郷では、お墓は自分の土地にある家が珍しくありません。岡家の墓も、家から車で数分の土地にあります。こちらに来た時は少し驚いたのですが、違いはそれだけだと思っていました。お墓参りは、やはり特定の機会にだけしていました。(嫁に要求しない、有り難いお姑さんです。)

お墓の水を切らさずにおくという習慣は、こちらに来て20余年、知りませんでした。
主人の母は、特別に信心深いタイプではありません。まじめで働き者、とても良心的なタイプです。でも「仏様の水がなくなったら可哀相だ」という思いはあって、何十年も守ってきました。お供えには、花の木を買いなさい、と教えてもらいました。日持ちがいいそうです。

今、雨が降らない限りは二日に一度、猛暑時には毎日、水を足しに行っています(基本、出かけるついでにお墓をまわって行っているのですが)。花の木はまだ買い替えなくていいかなぁ、なんて思いめぐらします。まだ新人なので、判断に自信がないのです。

実際やってみて、これを何十年、忙しい中にもやり続けてきた、その母の歩みの重みを感じます。

古くから言われていることですが、「嫁」は「女」に「家」と書く、その意味を改めて自分の中で受け止めています。

家族サービス

お盆休みに息子が帰省し、4日ほどいました。お正月以来です。
家族で出かけるのが好きな主人は、お盆前からどこに行こうかとあれこれ練っています。

息子は息子で、帰れば中学・高校時代の友人たちとの再会を楽しんでいます。
最初の2日は出かけてばっかり。2日目などはお昼前に出かけて帰宅は深夜。
それで息子が発した言葉、
「まあ、明日は家族サービスするから」

“家族サービス”って普通仕事に追われているお父さんが家族の為に時間を割く時に使う言葉…ですよね?

私たち親って… …^ ^;

でも後半の2日は、言葉通りちゃんとサービス(?)してもらって、楽しい時間を3人で過ごしました。
主人が選んだ行先も、 good choice! でしたよ。 ^ ^

草花が…!

子供の日、主人と美しい庭園を満喫して帰宅したところ、一本の電話が入り、ガック~ンと落ち込みました。予想していないわけではなかったので、驚きはさほどありませんでしたが、落ち込みは自分の予想以上でした。

翌日は、主人が休日大工の手伝いをしていたので(西側の塀のかさ上げです^^)、私はのんびり家事諸々をしていました。気持ちは沈んだまま・・・。単純作業をしていた方がいいのです。でも、沈んでいる心には、かつて抱いて消化したつもりだった様々な負の思いが顔を覗かせます。そして人のちょっとした言動にも、普段はしない敏感な反応をしてしまいます。

主人は思いを聞いてくれて、無理に元気づけようとはせず、サポートしてくれます。有り難いです。

3日くらいで浮上したいなと思いつつも、どうしていいやら…?
本日3日目。一通り家事が終わると手持無沙汰です。テレビを見るのもむなしく、買ってある本を手に取ってもあまり入り込めません。

そんな気分のまま、洗濯物を取り込みに外に出ると、

なんと、

我が家の東側に3種の草花が植え込んであります!

今日仕事が休みの主人の妹がやってくれていたのでした!

私の心は急上昇!

何も言わずにやってくれていた、それが本当に嬉しくて…!(私の気分を知っていたわけではありません。)

いつも誰かが、何かが助けてくれる。そんな体験をするたびに、大いなる存在を感じざるを得ない私です。そしてその存在がもたらしてくれる安心感(いずれ浮上できるという確信)が、本当に有り難いと思うのです。

ちなみに我が家の東側、最初は友人が土を掘り返して小さな花壇を作ってくれました。その後は、土いじりが苦手な私に代わって、主人の母が時々花を植えてくれます。^^;
今年は主人の妹が…!

ああ、
嬉しい!

働くって大変っ!

年度末。忙しい人が増える季節ですね。

我が家の娘、社会人1年目ながら、「3ヶ月の残業時間上限を・・・」と言ってます。メールの返信が来るのも、夜12時近く。

社会人2年目の息子、先週インフルエンザでダウンし、回復不十分ながら月曜には出社。職場の反応は賛否両論だったとか…^^;
今朝は仕事が溜まっているとかで早朝から出ているようです。電話がかかってこない時間帯が仕事進むんでしょうね。

主人もこの週末は、時間があればパソコンに向かって仕事をしています。風邪気味で時々咳が出ます。昨日はお腹の調子も悪く、夕食は食べれませんでした。それでも集中して仕事をこなし、時に冗談を言って私の相手をしてくれ、子供たちにも思いを向けています。

私がそんな体調だったら、最低限の家事だけやって、後はダウンしているでしょう。

「すごいな~!」って思いました。(あ、勿論言葉に表して伝えましたよ。)
主人の姿に、改めて感謝と尊敬の思いが湧いた昨晩でした。

働く皆様、本当にご苦労様です!

3ヶ月経ちました。

今までで一番大きな事故に遭ってから3ヶ月経ちました。
お蔭様で順調に回復し、先日の名古屋セミナーも無事勤めることができ、ホッとしたところです。幸せな結婚生活を求める女性達に、『新・良妻賢母のすすめ』にある大切なメッセージをお伝えできる喜びを改めて感じました。

元気になって、体の中から力が湧いてくるのを感じること自体に、嬉しくなったこともありました。生きている、生かされている、ってスゴイなって思います。

名古屋セミナーでは少しシェアさせていただきましたが、事故を通して学んだこと、広がった心の世界、強まった絆がありました。

人生、本当に色々な事があるけれど(ここ数日も一山ありました^^;)、幸せであることに変わりありません。