「新・良妻賢母のすすめ」で学ぶこと

著者アンデリン女史が幸福な結婚生活に不可欠なものとして挙げているのが、“夫の愛”です。どんなに他の点で恵まれていても、夫に愛されていなければ女性として、妻として、幸福であるとは言えません。

ところが愛は求めて得られるものではありません。愛は相手の心の中に自ずと湧き上がってくるものだからです。

アンデリン女史は、どうしたら夫の心に、妻を愛しいと思う感情を呼び起こすことができるかを教えています。その為の法則を一つ一つ挙げ、その具体的実践方法を提示し、失敗例・成功例を紹介しています。

男女の違いは想像以上に大きいです。これを知らないでいると、良かれと思ってした事が相手を不快にしてしまうこともあります。違いを正しく理解して、法則に則って実践していくと、やがて、摩擦が減り、フラストレーションが溜まることもなくなり、喜びが増え、幸福感が増し、そして夫婦の愛と絆が強まります。

決して容易い道ではないけれど、そして場合によっては時間がかかることもあるけれど、幸福な夫婦関係を築く確かな道です。あなたも是非、学んで、実践して、このメッセージがもたらす幸福を体験してみてください。

離婚の危機から救われた、夫に愛人ができたけれど取り戻すことができた等、深刻な問題を解決された方々から、基本的には上手くいっていたけれど学んで実践したらちょっとした日常のやり取りがとてもスムースになって、夫が優しくなったという方まで、多様な体験があらゆる年齢層の女性達から寄せられています。

この本が教えてくれること

1.男性から見た理想の女性像

2.女性のどんな点に男性は魅了されるか

3.男性の中にある深い愛情や思いやりをどうしたら呼び起こすことができるか

4.男性を理解するすべ;男性が求めるもの、その気性と特性

5.男性が失意の中にある時、どうしたら彼に自信と自尊心を取り戻してあげられるか

6.どうしたら男性が、あなたを守り養い、あなたに尽くしたいという思いになるか

7.あなたの望むもの、得て然るべきのものをどうやって手に入れるか

8.押し付けや説得なしに、いかに夫のもてる最高のものを発揮させるか

9.女性の役割と、それを全うした時の幸福感

10.男性の役割と、それに対して払うべき敬意

11.男性が思慮に欠ける時、一方的な時、怠惰な時等、どう対処するか

12.怒っている時でもなお魅力的なあなたであるには

13.互いに気持ち良く生活するために、夫婦間で常に自由に話し合える環境を保つには

14.夫の幸せを最優先しつつも、結婚生活で真の幸せを得るには

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中